マックス ウェーバー(英語表記)Max Webewr

20世紀西洋人名事典の解説

マックス ウェーバー
Max Webewr


1864.4.21 - 1920.6.14
ドイツの社会学者,経済学者。
エルフルト生まれ。
ベルリン大学(法学)[1889年]学位取得。
ハイデルベルク、ベルリン、ゲッチンゲンの各大学で法学、哲学、歴史学、経済学を学ぶ。フライブルク大学、ハイデルベルク大学で教授を務めたが、1903年神経症で辞職後は主に在野で活躍した。経済学、社会学、政治学、宗教史など極めて広範囲で卓越した業績を残している。西洋文化と近代社会を貫く原理を合理主義と捉えてその本質を究明し、価値自由の精神と理念型操作に支えられた社会科学方法論を確立。主著、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」「社会科学方法論」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マックス ウェーバー

生年月日:1864年4月21日
ドイツの思想家;社会学者;経済学者
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マックス ウェーバーの関連情報