コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルフルト エルフルト Erfurt

5件 の用語解説(エルフルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルフルト
エルフルト
Erfurt

ドイツ中部,チューリンゲン州の州都。ライプチヒの西南西約 100kmのゲーラ川沿いに位置する。 724年に修道院がおかれたのが起源で,742年には聖ボニファチウス (→ウィンフリード ) により司教区が設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エルフルト(Erfurt)

ドイツ中部、チューリンゲン州の都市。同州の州都。ゲーラ川沿いに位置し、中世には交通の要衝として発展。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。エルフルト大聖堂、ゲーラ川にかかるクレーマー橋アウグスティヌス会修道院をはじめ、歴史的建造物が数多く残っている。花卉(かき)生産が盛んで、毎年、国際園芸博覧会が催される。エアフルト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エルフルト

ドイツ中央部,チューリンゲン州の州都。エアフルトとも。ゲラ川の流れる盆地にあり,チューリンゲン地方の中心都市。花・野菜栽培のほか機械・電子工業行われる。毎年開催される国際園芸品評会〈イガIGA〉は有名。
→関連項目チューリンゲン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エルフルト【Erfurt】

ドイツ中部,チューリンゲン州の州都。エアフルトともいう。人口21万3000(1995)。チューリンゲン地方最大の都市で,鉄道・国内航空路の結節点でもある。電機・事務機械工作機械・光学機器・衣類・製靴工業のほか,郊外では伝統的な花卉・野菜栽培が盛ん。毎年の国際園芸品評会〈イガIGA〉は国外でも有名。また教育大学,医学アカデミー,土木および園芸専門学校もある。中世の交易路の交差する位置にあったこの町は早くからドイツ有数の商業都市として栄え,1250年ころには自治権を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルフルト
えるふると
Erfurt

ドイツ中部、チューリンゲン州の州都。エアフルトともいう。1949~90年は旧東ドイツに属した。チューリンゲン盆地南部、ゲーラ川に沿う標高200メートルの地にある。人口20万0600(2000)。市内には多くの教会があり、また、ワイマールに近く、かつてのドイツ精神界の中心地として「チューリンゲンのローマ」の別称がある。肥沃(ひよく)なレス(黄土)土壌と地下水位が高いことにより、花木の種子、苗木の生産が盛んで、国際園芸博覧会(IGA)が毎年開催されている。かつて大学があったが、1816年に閉鎖され、第二次世界大戦後、教育大学と医科大学、哲学神学大学、工業大学、園芸大学が創設されて、市北西部に新しい大学地区が成立した。市北部には精密機械、電気技術、重機械、靴、衣服の各工業が集中している。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルフルトの関連キーワードアイゼナハゴータチューリンゲンワイマールワルトブルク城エリザベート教会クレクリンゲンシュウェーリンフェルクリンゲンチューリンガー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone