コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックニース

百科事典マイペディアの解説

マックニース

英国の詩人。オーデンスペンダーとともに1930年代詩人の一人。《秋の日記》(1939年)や晩年の《至高点》(1961年),《燃える止り木》(1963年)などの詩集がある。1941年以後BBCに作家およびプロデューサーとして勤務,ラジオドラマ集《暗い塔》(1946年)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マックニース【Louis MacNeice】

1907‐63
イギリスの詩人。ベルファストに生まれ,オックスフォードに学ぶ。1930年代に,大学で教鞭をとりつつ,W.H.オーデンやS.スペンダーとともに詩壇にデビュー。この時期の代表作《秋の日記》(1939)は,政治的風刺のみならず,自伝的告白,哲学的考察,古代ギリシア世界の喚起などを含んでいる。《訪れ》(1957),《至高点》(1961),《燃える止り木》(1963)などの晩年の詩集は,抒情性から深刻,痛烈な現実観察を経て諧謔味に至る多様な声調によって,彼がオーデンとともに30年世代の生んだ最もすぐれた詩人の一人であることを証明している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マックニースの関連キーワードデイ・ルイス

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android