マックニース

百科事典マイペディアの解説

マックニース

英国の詩人。オーデンスペンダーとともに1930年代詩人の一人。《秋の日記》(1939年)や晩年の《至高点》(1961年),《燃える止り木》(1963年)などの詩集がある。1941年以後BBCに作家およびプロデューサーとして勤務,ラジオドラマ集《暗い塔》(1946年)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マックニース【Louis MacNeice】

1907‐63
イギリスの詩人。ベルファストに生まれ,オックスフォードに学ぶ。1930年代に,大学で教鞭をとりつつ,W.H.オーデンやS.スペンダーとともに詩壇にデビュー。この時期の代表作《秋の日記》(1939)は,政治的風刺のみならず,自伝的告白,哲学的考察,古代ギリシア世界の喚起などを含んでいる。《訪れ》(1957),《至高点》(1961),《燃える止り木》(1963)などの晩年の詩集は,抒情性から深刻,痛烈な現実観察を経て諧謔味に至る多様な声調によって,彼がオーデンとともに30年世代の生んだ最もすぐれた詩人の一人であることを証明している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android