コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックニース

百科事典マイペディアの解説

マックニース

英国の詩人。オーデンスペンダーとともに1930年代詩人の一人。《秋の日記》(1939年)や晩年の《至高点》(1961年),《燃える止り木》(1963年)などの詩集がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マックニース【Louis MacNeice】

1907‐63
イギリスの詩人。ベルファストに生まれ,オックスフォードに学ぶ。1930年代に,大学で教鞭をとりつつ,W.H.オーデンやS.スペンダーとともに詩壇にデビュー。この時期の代表作《秋の日記》(1939)は,政治的風刺のみならず,自伝的告白,哲学的考察,古代ギリシア世界の喚起などを含んでいる。《訪れ》(1957),《至高点》(1961),《燃える止り木》(1963)などの晩年の詩集は,抒情性から深刻,痛烈な現実観察を経て諧謔味に至る多様な声調によって,彼がオーデンとともに30年世代の生んだ最もすぐれた詩人の一人であることを証明している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マックニースの関連キーワードデイ・ルイス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android