コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッテヤ Matthias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッテヤ
Matthias

新約聖書中の人物,聖人。マチアスともいう。『使徒行伝』と初期キリスト教著作家によれば,イスカリオテのユダが裏切りによって十二使徒から脱落したあと,ペテロの提唱によって,ヨハネのバプテスマのときよりイエスの復活にいたるまでイエスと行動をともにした人々のなかからマッテヤがユダに代る使徒として選ばれたという。マッテヤのその後の事跡については新約聖書に記載はない。伝説によればカスピ海地方で布教,殉教したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android