コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトグロッソ高原 マトグロッソこうげんPlanalto de Mato Grosso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトグロッソ高原
マトグロッソこうげん
Planalto de Mato Grosso

ブラジル中部西寄り,マトグロッソ州中南部に広がる高原。北のアマゾン水系と南のラプラタ水系を分ける。ブラジル高原一部をなす地域で,先カンブリア時代の結晶質岩石の削剥面に古生代以降の地層が堆積し,浸食作用を受けて形成された。標高約 600mで,起伏はきわめて小さいが,一部に 1000mをこえる残丘がみられる。植生サバナと亜熱帯性の森林が混在する。 17世紀に金,ダイヤモンドなどを求めてやってきた人々によって開拓された地域で,現在主産業は牧牛であるが,一部では依然として鉱業が重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マトグロッソ‐こうげん〔‐カウゲン〕【マトグロッソ高原】

マトグロッソ州北東部に広がる高原。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マトグロッソ高原の関連キーワードアラグアイア川サンタクルス県パラグアイ川タパジョス川クイアバ川シング川クイアバ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android