マドラス

百科事典マイペディアの解説

マドラス

インドのデカン半島南端部,コロマンデル海岸の港湾都市。タミル・ナードゥ州の州都。1996年チェンナイChennaiと改称。ムンバイ(ボンベイ),コルカタ(カルカッタ)に次ぐ貿易港で,綿花,皮革,油料種子を輸出。繊維,化学,皮革,機械などの工業が行われる。大学(1857年創立),博物館,天文台がある。1639年イギリス東インド会社が創設,セント・ジョージ要塞(現在の州庁舎)を築いてインド進出の足がかりとした。のち貿易港として発展。468万1087人(2011)。
→関連項目マハーバリプラム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マドラス【Madras】

インド南部,タミル・ナードゥ州北端部に位置する同州の州都。ベンガル湾に面するコロマンデル海岸の港湾都市。人口384万1000(1991),大都市域人口542万2000(1991)。地名は,1639年にイギリスが在地領主から取得した漁村集落の名称マドラサパトナムMadrasapathnamに由来するが,1996年,タミル語による呼称のチェンナイChennaiに改称された。市の南部には16世紀中期以来ポルトガルのインドにおける根拠地の一つとなったサン・トメSan Thomé(イエスの十二弟子の一人トマスが福音伝道のためインドに来住し,殉教後ここに埋葬されたという伝承をもつ)があるが,現在の市の直接的な起源は1639年に始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマドラスの言及

【タミル・ナードゥ[州]】より

…面積13万km2,人口5586万(1991)。州都はマドラス。州公用語はタミル語で,住民の大半がドラビダ系のタミル民族である。…

※「マドラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マドラスの関連情報