コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナスル Manāslu I; Kutang I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナスル
Manāslu I; Kutang I

ヒマラヤ山脈ネパールヒマラヤの中部にある高峰。標高 8163m。ピーク29(7871m),ヒマルチュリ(7893m)とともにマナスル山群を形成。東方にはブリガンダキ渓谷を挟んでガネッシュヒマールが,西方にはマルシャンディ渓谷を挟んでアンナプルナが連なる。本格的な登山は日本山岳会によって始められ,1956年5月,槇有恒隊長とする第3次日本マナスル登山隊の今西寿雄らが初登頂に成功。日本人初の 8000m峰登頂となった。1974年5月には黒石恒を隊長とする日本女性マナスル登山隊の中世古直子らが登頂に成功し,女性隊による 8000m峰初登頂の記録をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マナスル【Manaslu】

ネパールの中央部にそびえるヒマラヤ山脈の高峰。海抜8156メートル。1956年(昭和31)、槙有恒を隊長とする日本の登山隊が初登頂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マナスルの関連キーワードガネーシュ・ヒマール[山]ガネッシュ・ヒマール山ヒマル・チュリ[山]ヒマル・チュリ[山]キャラバンシューズヒマル・チュリ山八千メートル峰マナスル[山]アンナプルナ山西堀 栄三郎関田 美智子高木 正孝今西 寿雄三田 幸夫ガンダク川辰沼 広吉西堀栄三郎加藤 泰安関田美智子小西 政継

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マナスルの関連情報