コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナスル(英語表記)Manāslu I; Kutang I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナスル
Manāslu I; Kutang I

ヒマラヤ山脈ネパールヒマラヤの中部にある高峰。標高 8163m。ピーク29(7871m),ヒマルチュリ(7893m)とともにマナスル山群を形成。東方にはブリガンダキ渓谷を挟んでガネッシュヒマールが,西方にはマルシャンディ渓谷を挟んでアンナプルナが連なる。本格的な登山は日本山岳会によって始められ,1956年5月,槇有恒隊長とする第3次日本マナスル登山隊の今西寿雄らが初登頂に成功。日本人初の 8000m峰登頂となった。1974年5月には黒石恒を隊長とする日本女性マナスル登山隊の中世古直子らが登頂に成功し,女性隊による 8000m峰初登頂の記録をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マナスル【Manaslu】

ネパールの中央部にそびえるヒマラヤ山脈の高峰。海抜8156メートル。1956年(昭和31)、槙有恒を隊長とする日本の登山隊が初登頂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マナスルの関連情報