コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナーモード マナーモード

大辞林 第三版の解説

マナーモード

manner+mode〕
携帯電話の着信音が出ないようにしてある状態。また、その機能。振動などによって通知する。公衆の場で、他人に迷惑をかけないために使用する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マナーモード

携帯電話で、着信音を鳴らさないように設定するモードのこと。着信音の代わりにバイブレータで着信を知らせたり、通話時のマイク感度を向上させて小声で話せるように設定したりできる。交通機関や公共の場所で不用意に音を鳴らして、周囲に不快感を与えないためのもの。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

マナーモードの関連キーワードファントム・バイブレーション・シンドロームスマートフォン・タブレット型端末用語Extended Controlsジリ・ヴァンソンサイレントモードIFTTT迷惑機能振動公衆他人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マナーモードの関連情報