コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヨリアヌス マヨリアヌスMajorianus, Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヨリアヌス
Majorianus, Julius

[生]?
[没]461.8.7. トルトナ
帝政末期の西ローマ皇帝 (在位 457~461) 。 F.アエチウスのもとで軍務につく。のちアウィツス帝退位に協力,最高の実力者となり,古くからの友人 F.リキメルに推戴された。良心的政治を行い,行政改革を試み,アフリカを奪還するために,スペインのアリカンテ湾で,460年5月,バンダル族と戦ったが敗れ,ガイゼリックと屈辱的講和を結んだ。このためリキメルに退位させられ,処刑された。 G.シドニウスは彼への頌詩を著わしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マヨリアヌス【Julius Majorianus】

?‐461
ローマ帝国西帝。在位457‐461年。将軍アエティウスの下で軍功をたて,アエティウスの死後ウァレンティニアヌス3世によって登用される。456年リキメルとともにアウィトゥス帝を倒し,翌年西帝となる。その登位にはリキメルの力があずかっていたが,登位後は防衛力強化や徴税に関する不正の是正などに主体的・積極的に取り組んだ。460年対バンダル戦のためスペインに入るが,この遠征が失敗に終わると,同帝の有能さを嫌ったリキメルはその機をとらえ,461年8月イタリアへの帰途にあった彼をデルトナ(現,トルトナ)付近で攻撃し,廃位のうえ殺害した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マヨリアヌスの関連キーワードシドニウス・アポリナリスシドニウス・アポリナリスアエギディウスシアグリウスネポス

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android