コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラテスタ

世界大百科事典 第2版の解説

マラテスタ【Errico Malatesta】

1853‐1932
イタリアのアナーキスト。ナポリ大学医学生時代パリ・コミューンの影響下に共和派から第一インターナショナルに入り,72年バクーニンと会い,以後60年アナーキズム運動を担う。全人類が性の別なく愛と連帯によって政治的・文化的自由と経済的平等を享受しうるアナーキズム社会の実現を夢み,各人自由意志をもってこの過程に参加することを訴え,投獄,亡命迫害に耐え,たびたびイタリアに潜入,倦(う)まず地下運動を継続,愛の革命家と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マラテスタの関連キーワードアルベルティ(Leon Battista Alberti)アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョピエロ・デッラ・フランチェスカテンピオ・マラテスティアーノマックス ネトラウアスコリピチェノカフィエーロモンテルランデュファイ12月4日ギベルティネトラウロバーニネンニリミニファノ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android