コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラニョン川(読み)マラニョンがわ(英語表記)Río Marañón

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラニョン川
マラニョンがわ
Río Marañón

ペルー北部を流れる川。アマゾン川の源流の一つ。全長約 1300km。ペルー中部西寄り,太平洋岸から約 150km内陸のアンデス山脈中,ラウリコチャ湖を含む湖水群に源を発し,初め深い縦谷を刻みながら北北西へ流れる。エクアドルとの国境近くで北東へ流れを変え,急流をなして山地を横切り,ポンゴデマンセリチェの下流で山地を抜ける。その後熱帯雨林におおわれたアマゾン低地を曲流しながら東に流れ,右岸にワヤガ川を受けたのち,イキトスの南南西約 100kmの地点で,北流してきたウカヤリ川と合流しアマゾン川となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラニョン川
まらにょんがわ
Ro Maran

南アメリカ、ペルー北部の川。アマゾン川上流の二大支流の一つ。全長約1500キロメートル、流域面積35万平方キロメートル。流域の一部はエクアドル南西部へも広がる。ペルー・アンデスのワイワシュ山脈を源流とし、上流部は山脈の走向に沿った縦谷をなして北北西へ流れる。この部分は古くからのインディオの居住地で集落が多い。流れの方向を北東に転じた中流部では、マンセリチェ峡谷などの大峡谷をつくってアンデス山脈を横断する。下流部は低平なアマゾン平野を流れ、イキトスの南方でウカヤリ川と合してアマゾン川になる。下流部北岸の支流の流域では油田開発が盛んである。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android