コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア・ラーハ修道院 マリア・ラーハしゅうどういんMaria Laach Abteikirche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリア・ラーハ修道院
マリア・ラーハしゅうどういん
Maria Laach Abteikirche

ドイツのライン川河畔に建つ「湖のほとりの聖マリア」 (マリア・ラーハ) と呼ばれるベネディクト会修道院。 1093年起工,1156年献堂,13世紀前半に完成。2つの内陣外陣,6基の塔から成るドイツ・ロマネスク様式を代表する建築。外壁はロンバルド帯でリズミカルに装飾されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マリア・ラーハ修道院【マリアラーハしゅうどういん】

ドイツ,ケルンとマインツのほぼ中間のラーハ湖畔にあるベネディクト会修道院。Maria Laach。1093年創設。12―13世紀に建てられた付属礼拝堂はドイツの代表的初期ロマネスク建築として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android