マリタ

百科事典マイペディア「マリタ」の解説

マリタ

ロシア,シベリアのイルクーツク付近にある後期旧石器時代遺跡。多量の動物骨,細石器とする多数の石器,発達した骨角器などが出土し,住居跡も発見された。他に鳥形,魚形の石・骨製垂飾や文様を刻した象牙製の飾,象牙製の小婦人像などが出土,ヨーロッパの文化との関連上注目された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「マリタ」の解説

マリタ【Mal’ta】

ロシア,イルクーツク市西方85km,マリタ村のベラヤ川支流にある東シベリア後期旧石器遺跡の一つ。1928年,M.M.ゲラシモフによって発見され,57年まで調査された。文化層は砂質粘土層中,表土から1.3~1.75mの深さにある。炉址をもつ14m×5m,9m×3.5mの長方形や径5~6mの円形の竪穴住居址,そして浅いくぼみだけの季節的仮小屋風のものなどの同一時期の多数の住居址が発見されている。これらの住居址は,トナカイの角や板石で構築されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマリタの言及

【旧石器時代】より

…ドルドーニュのムシダン地方その他から,方形に小石を敷き並べた遺構が発見されており,上部には皮革製の天幕が張られたのであろうといわれている。ウクライナでは,マンモスの頭骨,下顎骨,牙などで組み立てたドーム状の住居が発掘されているし,シベリアのマリタ遺跡では中央に炉をもつ円形の竪穴住居が発見されている。遺跡の中には,永続的な屯営地と,一時的な露営地とがある。…

※「マリタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android