コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリヤット マリヤットMarryat, Frederick

2件 の用語解説(マリヤットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリヤット
マリヤット
Marryat, Frederick

[生]1792.7.10. ロンドン
[没]1848.8.9. ノーフォーク,ランガム
イギリス海軍軍人,小説家。 14歳で海軍に入り,西インド諸島地中海海軍基地に勤務,軍功を立てて大佐となった。のちにその経験を生かして,豊富な挿話とユーモアにあふれた海洋小説『海軍士官の冒険』 The Naval Officer: or Scenes and Adventures in the Life of Frank Mildmay (1829) ,『海軍見習士官イージー』 Mr. Midshipman Easy (36) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリヤット【Frederic Marryat】

1792‐1848
イギリスの海軍士官,小説家。海軍軍人として各地で多くの功績を上げ,1830年退役した。現役のころから多くの海洋小説を書き,その新奇な舞台と冒険に富む内容が広い人気を呼ぶこととなった。代表作は《ピーターシンプル》(1834),《少尉候補生イージー君》(1836)など。ほかに少年向きの小説も多数ある。世界に誇るイギリスの海洋文学の祖の一人といえる。【小池 滋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマリヤットの言及

【海洋小説】より

…この表題になっている主人公のように,どれほどの危険な苦難を経験しても,海に抵抗できぬ魅力を感じる(主として男の)人物が,未知への探究を求めて多くの小説に登場する。19世紀になると,マリアットFrederick Marryat(1792‐1848)の《ピーター・シンプル》(1834)などの海洋小説が注目を集めたが,文学性においてより高い作品としては,すでに名をあげたコンラッドの多くの小説がある。彼自身の船員としての体験を超えた,人間の実存を問う深い意味をもつ作品で,海は単なる背景以上の重大な役割を果たす。…

※「マリヤット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マリヤットの関連キーワード石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)山体崩壊県警の捜査費不正支出疑惑助五郎と幽学県内での津波被害雲仙岳革命暦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone