マルコビッチ(英語表記)Marković, Svetozar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルコビッチ
Marković, Svetozar

[生]1846.9.21. ザイェチャル
[没]1875.3.10. トリエステ
セルビアの文学評論家,思想家。ロシア留学中に社会主義思想に触れ,第1インターナショナルに参加。帰国後,バルカンにおける最初の社会主義新聞『労働者』 Radnikを発行した (1871) 。主著『詩作と思想』 Pevanje i mišljenje (68) ,『詩における現実』 Realnost u poeziji (70) ,社会評論『東方におけるセルビア』 Srbija na Istoku (72) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルコビッチ【Svetozar Marković】

1846‐75
セルビア社会主義の先駆者。ベオグラードで学生時代を過ごし,1866年から4年間ペテルブルグ,チューリヒに留学。ロシアの革命思想,とくにチェルヌイシェフスキーの教義,および第一インターナショナルの諸思想の影響をうけて帰国,セルビア農村社会の変革を目ざし,農村共同体を核とする社会主義建設を試みた。また,セルビア人を含めたバルカン諸民族の解放のためには,連邦主義に基づく民主的なバルカン半島の統一が必要であると主張。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルコビッチ
まるこびっち
Svetozar Markovi
(1846―1875)

セルビア社会主義の先駆者。ベオグラードの工業専門学校を卒業し、その後1860~1870年にペテルブルグやチューリヒに留学。ドブロリューボフ、ラブロフ、チェルヌィシェフスキーらロシアの革命家の思想、第一インターナショナルの諸思想の影響を受けた。結局、セルビア農村社会の変革のためには、ロシアの農村共同体を中心に社会主義を考えるチェルヌィシェフスキーの教義に基づくべきだとして、農村共同体「ザードルガ」を核とする社会主義建設を試みた。またバルカン諸民族の解放のためには、連邦主義を基礎とした民主的なバルカン半島の統一が必要だと主張した。新聞・雑誌を通じ、政治・経済面だけでなく、文芸面でもその才能を発揮したが、夭折(ようせつ)。彼の思想は、その後のセルビア社会主義運動に多大な影響を与えた。[柴 宜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルコビッチの関連情報