コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチェロ Marcello, Benedetto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチェロ
Marcello, Benedetto

[生]1686.7.24. ベネチア
[没]1739.7.24. ブレシア
イタリアの作曲家。法律を学び,ベネチアの 40人委員会会員,ポーラの長官など政府の重要な地位にあった。一方,A.ロッティ,F.ガスパリーニに作曲を学び,オペラオラトリオカンタータ,器楽曲などを作曲。なかでも G.ジュスチニアーニがイタリア語訳した詩篇 50編をカンタータのスタイルで作曲した8巻の『詩と音楽の霊感』 (1724~26) は最も有名で,ドイツでも演奏された。オペラの台本や当時のオペラに関する風刺文『当世劇場』 (20頃) など,文筆家としても知られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルチェロ【Benedetto Marcello】

1686‐1739
イタリアの貴族。ベネチア共和国の国政に携わるかたわら音楽,文学にも才能を発揮。彼の多数の音楽作品は器楽・声楽・舞台作品の広い領域にわたっている。代表作品は8巻からなる詩編に基づいた合唱曲《詩的・音楽的霊感》(1724‐26)。文学作品には詩,詩劇に加えて,当時爛熟期をむかえて堕落していたベネチアのオペラを風刺した《当世劇場Il teatro alla moda》(1720)が知られる。【岸本 宏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルチェロの関連キーワードE. ウォルフ・フェラーリナスターシャ キンスキージャン・F. マルピエロこうのとり、たちずさんでヴェネツィア国際映画祭ヴェネチア国際映画祭イタリア式離婚狂想曲カトリーヌ ドヌーヴウォルフ・フェラーリロベルト ドナドーニ88 オールブラックロベルト ドナドニソフィア ローレンベネチア国際映画祭ルツェルン交響楽団アニタ・エクバーグアラン タイトスボー スコウフス昨日・今日・明日88 クラシック

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルチェロの関連情報