コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチパス マルチパス multipath

2件 の用語解説(マルチパスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マルチパス(multipath)

携帯電話やテレビなどの電波を利用する機器において、送信元からの電波が、建物や地形の影響により複数の経路を通って受信されること。多重波伝送路や遅延波ともいわれ、一般に通信の障害となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルチパス
まるちぱす
multipath

空間に放射された電波が、二つ以上の伝搬経路を経て多重に受信される現象。多重波伝搬ともいう。電波塔から放射された直接波以外は反射波で、時間遅れ(位相遅れ)を伴う。反射波が生じる原因はさまざまで、代表的なものに電離層などの空間構造によるもの、山岳などの地形構造によるもの、建築物などの人工構造によるものがある。都市部では高層ビルが多く、これによる都市型のマルチパスが問題になる。
 マルチパスによる障害は、アナログテレビの場合、画像が二重、三重になるエコー現象が生じて受信の品質を低下させるが、受信そのものが不可能になることはない。これに対し、地上デジタルテレビの場合、マルチパスが生じると、多重電波間の干渉によってデジタル信号の復号(デジタル化された符号をアナログ信号に戻す作業)が阻害され、受信不能になる可能性がある。放送方式が日本のISDB-TやヨーロッパのDVB-Tの場合は、一つのテレビチャンネルを多数のキャリア(搬送波)で送信するマルチキャリア方式を採用しているため、マルチパス障害を避けることができ、安定した受信が確保されている。これに対し、アメリカのATSC方式の場合は一つのチャンネルを一つのキャリアで送るシングルキャリア方式を採用していることから、マルチパス障害に弱い。このため、アメリカでは都市部のテレビは電波によらず、ケーブルテレビが主体となっている。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマルチパスの言及

【オーディオ】より

…後者の雑音は微振動を吸収する金属ローラーでできたフィルターをヘッドの直前に入れると減少できる。 マルチパスmultipath reflection電波が山や大きな建物などの障害物により多重反射することをいう。受信機に入る多重反射波による妨害をマルチパス妨害といい,受信アンテナを妨害の少ない方向に設置する必要がある。…

※「マルチパス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルチパスの関連キーワード基地局テレビ電話テレホンバンキングモバイル・コンピューティング第一世代携帯電話第二世代携帯電話第四世代携帯電話電波塔無線電話全地球測位システム(GPS)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルチパスの関連情報