マルティン・ハンス・クリスチャン クヌーセン(英語表記)Martin Hans Christian Knudsen

20世紀西洋人名事典の解説

マルティン・ハンス・クリスチャン クヌーセン
Martin Hans Christian Knudsen


1871 - 1949
デンマークの海洋学者,物理学者。
元・コペンハーゲン大学教授。
フィンランド生まれ。
現代海洋学の開祖といわれ、1912年から’41年までコペンハーゲン大学教授をつとめる。この間1899年に標準海水を考案、また’01年にはヘラン・ハンセンらと海洋観測常用表を作成し、これらは、以後世界的に用いられるようになった。一方物理学の分野では、希薄な気体の流れや性質に関する研究を行い、気体分子運動を利用したクヌーセン真空計とよばれる絶対真空計を設計した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android