コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルワーン家 マルワーンけ

世界大百科事典 第2版の解説

マルワーンけ【マルワーン家】

ウマイヤ朝のカリフ14人のうち11人を輩出した家系,一族。その名称の由来は,始祖のマルワーン・ブン・ハカムMarwān b.Ḥakam(マルワーン1世)にある。ウマイヤ家に属するマルワーンは,第3代正統カリフ,ウスマーンの書記を務めた。ウマイヤ朝の創始者ムアーウィヤ1世の死後,反ウマイヤ家勢力によって一族とともにメディナを追放され,シリアで第2次内乱(683‐692)を迎えたが,ヤジード1世の子のムアーウィヤ2世の夭折で推されてウマイヤ朝第4代カリフとなった(在位683‐685)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマルワーン家の言及

【ウマイヤ朝】より

…661‐750年。14代のカリフのすべてがウマイヤ家出身者(最初の3代はスフヤーンSufyān家,以後の11代はマルワーン家)であったのでこの名がある。同朝はアラブの征服によって成立し,その政策はイスラム社会の国家的統一の護持とイスラムの政治的領域の拡大を目標とし,結果としてアラブの異民族支配と,彼らの排他的特権が許容されていた。…

※「マルワーン家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android