コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルワーン家 マルワーンけ

1件 の用語解説(マルワーン家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルワーンけ【マルワーン家】

ウマイヤ朝カリフ14人のうち11人を輩出した家系,一族。その名称の由来は,始祖のマルワーン・ブン・ハカムMarwān b.Ḥakam(マルワーン1世)にある。ウマイヤ家に属するマルワーンは,第3代正統カリフウスマーンの書記を務めた。ウマイヤ朝の創始者ムアーウィヤ1世の死後,反ウマイヤ家勢力によって一族とともにメディナを追放され,シリアで第2次内乱(683‐692)を迎えたが,ヤジード1世の子のムアーウィヤ2世の夭折で推されてウマイヤ朝第4代カリフとなった(在位683‐685)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のマルワーン家の言及

【ウマイヤ朝】より

…661‐750年。14代のカリフのすべてがウマイヤ家出身者(最初の3代はスフヤーンSufyān家,以後の11代はマルワーン家)であったのでこの名がある。同朝はアラブの征服によって成立し,その政策はイスラム社会の国家的統一の護持とイスラムの政治的領域の拡大を目標とし,結果としてアラブの異民族支配と,彼らの排他的特権が許容されていた。…

※「マルワーン家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルワーン家の関連キーワードアッバース朝ウマイヤ朝後ウマイヤ朝カリフォルニア米うまい汁を吸う口がうまい正統カリフ時代納米ムアーウィヤアブドアッラフマーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone