コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガン土 マンガンど wad

翻訳|wad

2件 の用語解説(マンガン土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガン土
マンガンど
wad

マンガンを主成分とする土状物質。マンガンは酸化物や水酸化物となり,鉱物としてはおもに軟マンガン鉱硬マンガン鉱である。軟らかく黒色を帯び,比重 2.8~4.4。風化作用,湖底や浅海の堆積作用でできる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

マンガン土

非晶質または潜晶質の酸化マンガンで,残留鉱床として産出する.あるマンガン土コロイド状で多くの元素を吸着しており,そのため組成は変化する[Park & Macdiarmid : 1964].マンガンの酸化物,水酸化物を主成分とする黒色土状あるいは塊状の物質に付けられた野外の一般名である.風化作用,湖底堆積物,浅海堆積物,温泉沈殿物などとして産する.粉末状から緻密で硬いものまで様々である.沼マンガン(bog manganese)と同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンガン土の関連キーワード酸化マンガン軟マンガン鉱結晶質半晶質珪長岩非晶質珪岩シリシルタイト沼マンガン鉱珪長斑岩アイオウン岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone