コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガン土 マンガンどwad

翻訳|wad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガン土
マンガンど
wad

マンガンを主成分とする土状物質。マンガンは酸化物や水酸化物となり,鉱物としてはおもに軟マンガン鉱,硬マンガン鉱である。軟らかく黒色を帯び,比重 2.8~4.4。風化作用,湖底や浅海の堆積作用でできる。世界各地に産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

マンガン土

非晶質または潜晶質の酸化マンガンで,残留鉱床として産出する.あるマンガン土はコロイド状で多くの元素を吸着しており,そのため組成は変化する[Park & Macdiarmid : 1964].マンガンの酸化物,水酸化物を主成分とする黒色土状あるいは塊状の物質に付けられた野外の一般名である.風化作用,湖底堆積物,浅海堆積物,温泉沈殿物などとして産する.粉末状から緻密で硬いものまで様々である.沼マンガン(bog manganese)と同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

マンガン土の関連キーワード沼マンガン鉱非晶質

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android