コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留鉱床 ざんりゅうこうしょうresidual deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残留鉱床
ざんりゅうこうしょう
residual deposit

風化作用によって岩石中の有用成分または有用鉱物が地表に残留し,あるいは土壌の中に団塊状となって集中し,生じた鉱床風化残留鉱床,露天化残留鉱床ともいう。ボーキサイト鉱床,ラテライト鉱床,および金の原地砂礫鉱床などはその例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざんりゅう‐こうしょう〔ザンリウクワウシヤウ〕【残留鉱床】

地表または地表付近で岩石が化学的風化を受け、可溶性成分が水に溶け去り、難溶性の有用鉱物が残留してできた鉱床。ボーキサイト鉱床は代表例。風化残留鉱床。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざんりゅうこうしょう【残留鉱床 residual deposit】

岩石や鉱床が地表で風化・浸食作用をうけ,水に溶けやすい成分や分解しやすい鉱物が運び去られることにより,溶けにくい成分や分解しにくい鉱物が濃集してつくる鉱床。水に溶けにくい成分が濃集してつくる鉱床としては,アルミニウムの資源としてもっとも重要なボーキサイト鉱床,ニッケルケイニッケル鉱鉱床,マンガン鉱床などがある。ボーキサイトは高温多湿の熱帯地方で風化により岩石を構成する鉱物が分解し,水に溶けやすいアルカリやアルカリ土類元素などが溶出して,難溶性のAl2O3(50~60重量%),Fe2O3(1~25%),TiO2(1~15%)などが土壌に残留したもので,現在地表で生成しつつあるものから過去の地質時代のものまで知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざんりゅうこうしょう【残留鉱床】

岩石が風化分解し、その中に含まれていた有用成分が残留し、濃集してできた鉱床。ボーキサイト鉱床はこの例。風化残留鉱床。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残留鉱床
ざんりゅうこうしょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例