コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンジニ Manzini

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンジニ
Manzini

旧称ブレーマーズドルフ Bremersdorf。スワジランド中部の町。ムババネ南東約 30kmに位置。 1887年商人が商店を設けたのが町の起源で,95~99年同国の行政中心地。現在は工業,商業,農業の中心地で,綿花,タバコ,果物の集散,加工が盛ん。ほかに酪農,肉牛飼育も行われる。西郊 8kmのマツァパには国内唯一の国際空港がある。人口1万 8084 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マンジニ(Manzini)

スワジランド中央部の都市。旧称ブレーマースドルプ。1902年まで英国保護領の政庁が置かれた。交通の要地で、空港がある。同国における商工業の中心地。マンジーニ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マンジニの関連キーワードムカヤ動物保護区

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android