コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンスホルト マンスホルト Mansholt, Sicco Leendert

2件 の用語解説(マンスホルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンスホルト
マンスホルト
Mansholt, Sicco Leendert

[生]1908.9.13. フローニンゲン近郊
[没]1995.6.30. オランダ
オランダの政治家。デベンター国立農業大学卒業後,1924~34年農業に従事。 34~36年インドネシアの茶園で働いた。第2次世界大戦中は対ドイツレジスタンス運動に参加。戦後労働党に入党。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンスホルト
まんすほると
Sicco Leendert Mansholt
(1908―1995)

オランダの政治家。デベンター国立農業大学卒業後、農業に従事。一時ジャワで茶園を経営した。第二次世界大戦後、労働党に入党。1945~1958年の間に農業、漁業、食糧の各相に就任。1958年ヨーロッパ経済共同体EEC)発足とともに副委員長に就任、共通農業政策の実現に貢献した。とくに1962年の農産物の市場拡大、共通価格制の実施、域内農業の保護、農業基金の創設を盛り込んだ第一次マンスホルト計画を推進、EECからヨーロッパ共同体(EC)への発展の契機をつくった。また1968年には農業の近代化、合理化のため農業人口の削減、農業経営規模の拡大、離農奨励と援助、老齢農民の年金支給をうたう第二次マンスホルト計画を提案、成立させ、EC農業の安定に努力した。1972年第4代EC委員長に就任、1973年1月の拡大EC発足とともに辞任した。[藤村瞬一]
『名東孝二訳編『地球を守る経済学』(1974・読売新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンスホルトの関連キーワードフローニンゲンホイジンガブローニングIPRAグローニンゲンフロッシュ モーニングフレッシュフロスト・チャーニングデ・シッテルフローニンゲン・ガス田フローニンゲン大学

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone