コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダレー王宮 マンダレーおうきゅう

2件 の用語解説(マンダレー王宮の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マンダレーおうきゅう【マンダレー王宮】

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーにある旧王宮で、ミャンマー最後の王朝、コンバウン朝の王宮。この王宮は3km四方が幅70mの濠と高さ8mの城壁に囲まれ、東西南北計4本の橋で街と結ばれている。内部には王宮博物館もある。アマラプラからマンダレーに遷都(せんと)したミンドン王が1857年から建設を開始し、4年の歳月を経て完成した。1885年、ビルマを占領したイギリス軍は王宮を軍の施設として接収。1942年、ミャンマーに進出した日本軍に占領されたが、1945年3月、この王宮は日本軍と英印連合軍との戦闘に巻き込まれ焼失した。戦後再建され、現在はミャンマー軍の施設として軍の就任式などに使用されている。王宮の一部が一般に開放されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マンダレー‐おうきゅう〔‐ワウキユウ〕【マンダレー王宮】

Mandalay Royal Palace》ミャンマー中部の都市マンダレーにある同国最後の王朝による旧王宮。約3キロメートル四方のほぼ正方形の敷地が、幅70メートルの濠(ほり)と城壁に囲まれ、4本の橋と監視塔がある。1857年にコンバウン朝を開いたミンドン王が建設を開始。1885年、英国に占領され、ティーボー王はインドへ追放された。第二次大戦中に王宮は戦禍に見舞われて焼失。1990年代に再建された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンダレー王宮の関連キーワードパガンピンマナマンダレーミャンマーОшミャンマーの反政府デモミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone