マージー川(読み)マージーがわ(英語表記)River Mersey

改訂新版 世界大百科事典 「マージー川」の意味・わかりやすい解説

マージー[川]
River Mersey

イギリス,イングランド西部を西流する川。古英語で〈境界の川〉を意味し,中世にはマーシアとノーサンブリア両王国の国境に,また1974年まではチェシャーランカシャーの州境となっていた。ペナイン山脈南部のピーク・ディストリクトに源を発するゴイト川とエセロー川がマンチェスター南方のストックポート付近で合流して形成され,グレーター・マンチェスター,チェシャー両州を流れ,ウォリントンから下流は巨大なエスチュアリー三角江)となってアイリッシュ海へ流入する。全長約110km。上流はランカシャー工業地域の綿工業用水源となり,また河口部ではリバプールを中心にマージーサイド工業地域をなし,造船精油,製粉などの工業が発展している。リバプールと対岸バーケンヘッドの間には,河底に自動車および鉄道トンネルが通じている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「マージー川」の意味・わかりやすい解説

マージー川
マージーがわ
River Mersey

イギリス,イングランド中北部を流れる川。源流はゴイト川とテーム川で,両川ともペナイン山脈西斜面,標高約 500mの地に発し,ストックポートで合流してマージー川となる。マージー川はランカシャー,チェシャー両平野を潤し,マンチェスターの南郊を西流する。右岸最大の支流アーウェル川を受けるアーラムより下流の流路は,河川改修により運河化され,ウォリントンまではマンチェスター運河の一部をなす。そこから下流は潮汐作用の影響を受ける。ランコーンで左岸からの支流ウィーバー川を受けたのち,面積 75km2に及ぶ三角江を経てアイリッシュ海に注ぐ。全長約 110km。下流部沿岸一帯はマージーサイドと呼ばれ,リバプールをはじめとする都市が連なり,大都市圏を形成。リバプールと対岸のバーケンヘッドの間には,鉄道トンネル (1886) と2本の道路トンネル (1934,71) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「マージー川」の意味・わかりやすい解説

マージー川
まーじーがわ
Mersey

イギリス、イングランド中西部の川。ペニン山脈南部、ピーク地方に源をもち、マンチェスターを経て、リバプールでアイリッシュ海に注ぐ。全長112キロメートル。河口部30キロメートルは幅3.5キロメートルほどの三角江となっている。イギリス産業革命の発祥地ランカシャー地方の南部に動力と用水を供給してきた川である。河口両岸のリバプールとバーケンヘッドは鉄道と、道路2本の海底トンネルで結ばれた連合都市を形成し、ペニン山脈西麓(せいろく)のマンチェスターは世界の綿工業の中心都市として発展した。河口部では潮差が10メートルに達するので、港にはドックが完備している。

[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android