コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールワール マールワールMārwār

2件 の用語解説(マールワールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マールワール
マールワール
Mārwār

インドのラージャスターン州中央部の地方名。中心地はジョードプル。長い間ラージプートの藩王国の支配下にあって貧しい地方であったが,18世紀頃からバニヤー (商人) ・カーストが北インドの諸都市に進出し,やがて商業,金融を支配する力をもつようになり,その活動範囲は南インドにも及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マールワール【Mārwār】

インド北西部,ラージャスターン州中西部の地方名。13世紀初めにラトール・ラージプート族本拠地とした。1818年以降イギリスの保護国となって独立時にいたったジョードプル藩王国の領域にほぼあたり,同藩王国の別名としても使用された。西および北はタール砂漠を含み,南西は大カッチ湿地に接する。南西部を南西流するルーニー川の河谷平野では灌漑をもとに小麦,綿花を産する。中心都市ジョードプルには綿および毛織物,化学などの諸工業が立地する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone