コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミキプサ ミキプサMicipsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミキプサ
Micipsa

北アフリカのヌミディア王 (在位前 148~118) 。マシニッサの長男。前 149年父王の死後,兄弟と王国を共同統治したが,兄弟の死後単独の王となった。甥ユグルタを養子としたが,これを恐れてヌミディア軍とともにスペインへ派遣。なお,ミキプサの死後ユグルタは,彼の2人の子とともに共同統治者となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のミキプサの言及

【ユグルタ】より

マシニッサの孫。伯父王ミキプサMicipsaの時代にヌミディアからの援軍指揮官としてヌマンティア攻囲戦に参加(前133),小スキピオに認められ,ローマの名門貴族に知己を得た。伯父の死後,その遺児アドヘルバルAdherbal,ヒエムプサルHiempsalとともに王位に就いたが,ミキプサの政策の変更を唱えて二人と対立,内戦となる(前118)。…

※「ミキプサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミキプサの関連キーワード判形財団債権口頭弁論通貨偽造罪マシニッサ知事マケドニア戦争青森県の要覧万行(まんぎょう)遺跡財政再建派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android