コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨偽造罪 つうかぎぞうざい Geldfä lschung

6件 の用語解説(通貨偽造罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通貨偽造罪
つうかぎぞうざい
Geldfä lschung

貨幣や銀行券などの通貨を偽造・変造し,または行使することによって成立する犯罪 (刑法 148~153) 。通貨の社会的信用性を保護し,通貨を手段として行われる取引の安全を守るため処罰の対象とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つうかぎぞう‐ざい〔ツウクワギザウ‐〕【通貨偽造罪】

通貨偽造及び行使等罪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

通貨偽造罪【つうかぎぞうざい】

行使の目的で,強制通用力をもつ貨幣・紙幣または銀行券を偽造または変造する罪で,刑は無期または3年以上の懲役(刑法148条以下)。この狭義の通貨偽造罪のほか外国通貨偽造,これらの未遂および器械または原料を準備する行為も罰する。
→関連項目偽造罪予備(法律)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つうかぎぞうざい【通貨偽造罪】

狭義には,行使の目的,すなわち偽貨を真貨として流通に置く目的で,貨幣法,臨時通貨法日本銀行法により強制通用力を認められた日本の貨幣,紙幣,銀行券および国内で現に通用する外国政府ないしその承認機関発行の貨幣,紙幣,銀行券を偽造,変造する罪をいう。刑は,日本の通貨の場合無期または3年以上の懲役(刑法148条1項),外国通貨の場合2年以上の有期懲役(149条1項)。 広義には以下の罪等も含む。(1)偽造通貨行使,交付,輸入罪 偽造,変造された通貨を行使し,または,行使の目的でこれを人に交付もしくは輸入する罪で,刑は,日本の通貨の場合無期または3年以上の懲役(148条2項),外国通貨の場合2年以上の有期懲役(149条2項)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つうかぎぞうざい【通貨偽造罪】

行使の目的で通貨を偽造または変造することにより成立する罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通貨偽造罪
つうかぎぞうざい

通貨に対する公共の信用を害する罪(刑法148条~153条)。通貨の偽造は取引の安全を害し、貨幣経済を混乱に陥れるから、どこの国でも重く処罰される。「通貨」とは日本国内で強制通用力を有する貨幣、紙幣、銀行券をいい、古銭や廃銭はこれに含まれない(ただし、国内で事実上使用されている外国の通貨が本罪の客体とされる場合がある)。本罪には、通貨を行使の目的で偽造・変造したり、偽造・変造した通貨を行使・交付・輸入する場合(無期または3年以上の懲役)のほか、行使の目的で偽造・変造の通貨を収得する場合(3年以下の懲役)、偽造・変造の通貨を収得後このことを知りながら行使・交付する場合(その額面の3倍以下の罰金または科料。ただし2000円以下にすることはできない)、通貨の偽造・変造の目的で器械や原料を準備する場合(3月以上5年以下の懲役)がある。なお、外国の通貨に関しては、行使の目的で偽造・変造したり、偽造・変造の通貨を行使・交付・輸入する場合に限り処罰される(2年以上の有期懲役)。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通貨偽造罪の関連キーワード有価証券偽造罪啓閉茶器目的犯外国通貨偽造及び行使等罪私印偽造事教漁業調整マネー・サプライ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone