コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミグ ミグ MiG

翻訳|MiG

4件 の用語解説(ミグの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミグ(MiG)

《開発した技師ミコヤンA.I.Mikoyan)とグレビッチ(M.I.Gurevich)の頭文字から》ソ連の代表的な戦闘機の総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ミグ【MiG】

〔設計技師ミコヤンとグレビッチの頭文字から〕
ロシア連邦の戦闘機名につけられる制式記号。

ミグ【MiG】

ロシア Mikoyan i Gurevich〗
ミグ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミグ
みぐ
МиГ MiG

ソ連のミコヤン・グレビッチ設計局(通称ミグ設計局)がつくった航空機につけられた制式記号。この設計局は航空技師アルチョム・I・ミコヤン(1905―1970)とミハイル・I・グレビッチ(1892―1976)をリーダーとして1939年に設立され、一貫して戦闘機の開発にあたってきたため、ミグはソ連戦闘機の代名詞のようになっている。ソ連邦崩壊後は何度か機構や名称の変遷をへて、現在は「ロシア航空機社MiG」となっている。なお、ミコヤンは一時期ソ連の副首相を務めたアナスタス・ミコヤンの実弟。
 この設計局の第一作は高速を追求したミグ1戦闘機で、第二次世界大戦中にはその改良型であるミグ3を約3300機生産しただけであったが、戦後いち早く開発したジェット戦闘機ミグ9でいちおうの成功を収め、それに続くミグ15によって不動の地位を獲得した。ミグ15は朝鮮戦争に参加してアメリカ戦闘機と空戦を展開、その高性能が西側に大きなショックを与えたことで有名。生産数は約1万7000機にも達し、社会主義国の標準戦闘機となった。その発達型であるミグ17、ソ連最初の超音速戦闘機ミグ19に続いて、1956年に完成したマッハ2級のミグ21は、やはり大量生産が行われて多くの国で使われ、ベトナム戦争や中東戦争にも参加した。その後、可変翼をもつミグ23、最大速度マッハ2.8という世界最速の実用戦闘機ミグ25、ミグ23をもとにした攻撃機ミグ27、空戦性能の優れたミグ29、ミグ25の発達型であるミグ31を送り出した。1991年にソ連が崩壊してロシア連邦共和国が成立した後、次世代戦闘機として開発した1.44は試作機だけにとどめられたが、ミグ29の発達型ミグ35などを送り出している。[藤田勝啓]
『ビル・スウィートマン著、浜田一穂訳『ミグ戦闘機――ソ連戦闘機の最新テクノロジー』(1988・原書房) ▽野原茂著『図解世界の軍用機史 1945~91(ジェット機編)』(1991・グリーンアロー出版社) ▽Bill Gunston, Yefim GordonMiG aircraft since 1937(1998, Naval Institute Press, Annapolis) ▽Yefim Gordon, Keith Dexter, Dmitriy KomissarovMikoyan Mig-21(2008, Specialty PR Pub & Wholesalers)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミグの関連キーワードFSB白ロシアロシア遠征コロシアム小ロシアヨーロッパロシアロシアンブルー労農ロシアロシアの恋人銅フタロシアニン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミグの関連情報