コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミケーネ遺跡 ミケーネいせき Mycenae

翻訳|Mycenae

2件 の用語解説(ミケーネ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミケーネ遺跡
ミケーネいせき
Mycenae

ギリシア,ペロポニソス半島アルゴス平野の奥に位置する城塞遺跡。前 14~12世紀ミケーネ文明の中心地として栄えた。 H.シュリーマンが最初に発掘し,トロイ遠征の総指揮官としてホメロスの伝えるアガメムノンの居城であるとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミケーネいせき【ミケーネ遺跡】

ギリシアのペロポネソス半島東部、コリントの南西約30kmに位置する都市ミケーネ郊外の小高い丘の上にある古代遺跡。1872年にハインリッヒ・シュリーマンによって発掘され、古代ギリシア以前の文明の遺跡として注目され、この地の名前をとってミケーネ文明と名づけられた。この地は、アガメムノンの父アトレウスのゆかりの地とされたところで、紀元前4000年ごろに都市が築かれたといわれる。この遺跡には、獅子門(ライオン門)のほか、円形墳墓A、王室、アトレウスの墳墓など、巨石を用いた遺跡群が集中している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミケーネ遺跡の関連キーワードアカイアペロポネソス戦争ペロポネソス半島ペロポネソスΚόρινθοςコリントス運河コリント地峡Πελόπιονコリントス戦争《ペロポネソス》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone