コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズカマキリ ミズカマキリ Ranatra chinensis

3件 の用語解説(ミズカマキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズカマキリ
ミズカマキリ
Ranatra chinensis

半翅目異翅亜目タイコウチ科。体長 40~45mm。全体灰褐色で体は細く棒状。頭部は小さく,複眼は突出する。前胸はきわめて長く,前半はほぼ同幅で,後半は後方に太くなり,後縁は湾入する。半翅鞘は長い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミズカマキリ

半翅(はんし)目タイコウチ科の水生昆虫の1種。体長43mm内外,灰褐色。体は細長く腹端に体長より長い呼吸管がある。前肢は捕獲脚となり,他の小魚,オタマジャクシなどを捕獲吸血する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズカマキリ
みずかまきり / 水螳
water stick insect

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目タイコウチ科Nepidaeミズカマキリ亜科Ranatrinaeに属する昆虫の総称、またはそのなかの1種。この亜科の昆虫は、体は棒状で細長く、前脚はカマキリのような捕獲脚となり、中脚、後脚は細長い。タイコウチ類より深い水中で生活する。
 ミズカマキリRanatra chinensisは、体長40~45ミリメートルで、腹端からは体長と等しいか、より長い呼吸管をもつ。水草の多い、やや深い池沼にすみ、初夏に浅い所の水草上や水面に浮かんだ物などにバナナ形の卵を数個ずつ産む。北海道から九州、東シベリアからミャンマー(ビルマ)にかけての大陸に広く分布する。ミズカマキリに似てやや小形のヒメミズカマキリR. unicolorは、体長24~32ミリメートルで、呼吸管が体長より短い点で区別できる。平地にある川(下流域)や池沼にすむ。日本全土、東シベリア、中国北部などに分布する。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズカマキリの関連キーワードタイコウチ半翅類異翅類同翅類太鼓打椿象グンバイムシ(軍配虫)サシガメ(刺亀)ツチカメムシ(土亀虫)広翅亜目

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミズカマキリの関連情報