コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトロプーロス ミトロプーロスMitropoulos, Dimitri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミトロプーロス
Mitropoulos, Dimitri

[生]1896.3.1. アテネ
[没]1960.11.2. ミラノ
ギリシア生れのアメリカの指揮者。アテネ音楽院に学び,ベルリン国立歌劇場副指揮者,アテネ交響楽団指揮者となり,かたわら母校の教授,院長などもつとめた。 1936年にボストン交響楽団の指揮者としてアメリカに招かれ,37~49年はミネアポリス交響楽団の指揮者をつとめ,51~58年ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の音楽監督に就任。その間,46年にアメリカ市民権を得,メトロポリタン歌劇場でオペラ指揮をするなど世界的に名を高め,ミラノのスカラ座での指揮を最後に世を去った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミトロプーロス【Dimitri Mitropoulos】

1896‐1960
ギリシアの指揮者。アテネ音楽院で学んだ後,1918年ベルギーに留学,2年後にはベルリンに移ってF.ブゾーニのもとでピアノと作曲を学ぶ。24年故国に戻り,アテネ交響楽団の常任指揮者に就任。ヨーロッパ各地で指揮者として活躍ののち36年渡米。37‐49年ミネアポリス交響楽団の首席指揮者を務めた。49年からストコフスキーとともにニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者,さらに54年からはメトロポリタン歌劇場の指揮者として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミトロプーロス
みとろぷーろす
Dimitri Mitropoulos
(1896―1960)

ギリシア出身のアメリカの指揮者。生地アテネの音楽院を卒業後、ベルリンでブゾーニにピアノを学ぶ。1924年アテネ音楽院管弦楽団の指揮者。36年にアメリカに渡り、初めミネアポリス交響楽団、ついでニューヨーク・フィルハーモニーの常任指揮者となった。その間メトロポリタン歌劇場その他に客演、オペラ公演でも活躍。20世紀の音楽をもっとも得意とし、どんなに複雑な作品でも明確によどみなく再現する手腕を示した。ミラノに没。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミトロプーロスの関連キーワードニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団クラウディオ アッバードズデニェク コシュラークラウディオ シモーネクラウディオ アバドグイード カンテッリアラン ロンバールマイケル レビンバーンスタインミトロプロス飯守泰次郎アッバードコシュラーアバド

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android