コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトロプーロス ミトロプーロス Mitropoulos, Dimitri

3件 の用語解説(ミトロプーロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミトロプーロス
ミトロプーロス
Mitropoulos, Dimitri

[生]1896.3.1. アテネ
[没]1960.11.2. ミラノ
ギリシア生れのアメリカの指揮者。アテネ音楽院に学び,ベルリン国立歌劇場副指揮者,アテネ交響楽団指揮者となり,かたわら母校の教授,院長などもつとめた。 1936年にボストン交響楽団の指揮者としてアメリカに招かれ,37~49年はミネアポリス交響楽団の指揮者をつとめ,51~58年ニューヨークフィルハーモニー交響楽団の音楽監督に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミトロプーロス【Dimitri Mitropoulos】

1896‐1960
ギリシアの指揮者。アテネ音楽院で学んだ後,1918年ベルギーに留学,2年後にはベルリンに移ってF.ブゾーニのもとでピアノと作曲を学ぶ。24年故国に戻り,アテネ交響楽団の常任指揮者に就任。ヨーロッパ各地で指揮者として活躍ののち36年渡米。37‐49年ミネアポリス交響楽団の首席指揮者を務めた。49年からストコフスキーとともにニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者,さらに54年からはメトロポリタン歌劇場の指揮者として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミトロプーロス
みとろぷーろす
Dimitri Mitropoulos
(1896―1960)

ギリシア出身のアメリカの指揮者。生地アテネの音楽院を卒業後、ベルリンでブゾーニにピアノを学ぶ。1924年アテネ音楽院管弦楽団の指揮者。36年にアメリカに渡り、初めミネアポリス交響楽団、ついでニューヨーク・フィルハーモニーの常任指揮者となった。その間メトロポリタン歌劇場その他に客演、オペラ公演でも活躍。20世紀の音楽をもっとも得意とし、どんなに複雑な作品でも明確によどみなく再現する手腕を示した。ミラノに没。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミトロプーロスの関連キーワードマルティノンミュンシュモントゥーアバドシュニトケフィッツナーヴァイダザレンプスキショルムスカルコッタス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミトロプーロスの関連情報