コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハイロビッチ Mihailović, Dragoljub

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミハイロビッチ
Mihailović, Dragoljub

[生]1893.3.27. セルビア,イワニツァ
[没]1946.7.17. ユーゴスラビア,ベオグラード
ユーゴスラビアの軍人。別名 Draža Mihailović。第1次世界大戦に従軍,1928~34年ドナウ方面軍参謀次長,1934年在外公館駐在武官,1941年陸軍大佐に昇進。第2次世界大戦中の 1941年4月の枢軸軍(→枢軸国)侵入後,降伏を拒否してセルビア山中でチェトニクを結成。対独抵抗を続け,同 1941年ロンドン亡命政府から国防大臣兼総司令官に任命された。当初チトー率いるパルチザンと共闘したが,やがて対立,さらに枢軸側の報復を恐れて抵抗運動を抑制したことで連合国の支持を失った。1946年3月逮捕,裁判ののち対敵協力の罪で銃殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミハイロビッチの関連キーワードポチョムキン号の反乱樺太=千島交換条約ドルゴルーキー家戦艦ポチョムキンバレエ・リュスモンタージュ日本幽囚記パブロワバフチン伝坂勉映画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android