コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハエル・ケルラリオス Michaēl Kēroullarios

世界大百科事典 第2版の解説

ミハエル・ケルラリオス【Michaēl Kēroullarios】

1000ころ‐58
ビザンティン時代のコンスタンティノープル総主教。若い貴族としてミハエル4世(在位1034‐41)に対する革命の陰謀に参加,修道院に追放されるが,その仲間で後に皇帝となったコンスタンティノス9世(在位1042‐55)によりコンスタンティノープル総主教に任ぜられる(1043)。当時皇帝は,南イタリアで勢力を伸ばすノルマン人に対抗するためローマ教皇との同盟を企てたが,ミハエルはそれが,コンスタンティノープル主教座に属する南イタリア地方の教会管轄権のローマ教皇による侵害に連なることを恐れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミハエル・ケルラリオスの関連キーワードフィレンツェ公会議

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android