コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハルコフ ミハルコフ Mikhalkov, Sergei Vladimirovich

3件 の用語解説(ミハルコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミハルコフ
ミハルコフ
Mikhalkov, Sergei Vladimirovich

[生]1913.3.13. ロシア帝国モスクワ
[没]2009.8.27. ロシア,モスクワ
ロシアの児童文学作家,詩人,劇作家。ソビエト連邦国歌と 2000年に制定されたロシア国歌の作詞者。主として児童文学で活躍。代表作に,長編詩『スチョーパおじさん』Dyadya Styapa(全 4部,1936~82),児童劇『うぬぼれうさぎ』 Zaika-Zaznaika(1951)など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ミハルコフ【Nikita Sergeevich Mikhalkov】

1945~ ) ロシアの俳優・映画監督。才気あふれる軽妙な作風で知られる。監督作品「愛の奴隷」「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」「黒い瞳」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミハルコフ
みはるこふ
Сергей Владимирович Михалков Sergey Vladimirovich Mihalkov
(1913―2009)

ソ連・ロシアの詩人、劇作家。モスクワ生まれ。ゴーリキー文学学校に学ぶ。ロシア児童文学の代表的作家の一人で、児童詩『スチョーパおじさん』(前半1935、後半1954~1982)から『散文による寓話(ぐうわ)』(1967)、戯曲『親愛なる少年よ』(1971)まで、詩、歌、寓話、戯曲と広いジャンルにわたって活躍。軽快なリズムと表現力の豊かさ、そしてユーモアのなかに風刺と教訓を生かした作品が多い。戯曲『乞食(こじき)と王子』(1936。原題『トム・キャンティ』)、『うぬぼれウサギ』(1951。『うそつきウサギ』という邦題もある)などは日本でも上演されている。ほかに、戯曲『赤いネクタイ』(1946)などがある。ソ連の国歌をエリ=レギスタンГарольд Габриэльевич Эль-Регистан/Garol'd Gabriel'evich El'-Registan(1924― )と共同で作詞(1943)。4回にわたってソ連邦国家賞を受け、レーニン賞も受賞(1970)。1970年よりソ連邦作家同盟議長およびソ連邦最高会議代議員も務めた。映画監督のアンドレイとニキータは、息子。[内田莉莎子・長谷見一雄]
『西本昭治訳『寓話集 からっぽの威光』(1958・未来社) ▽松谷さやか訳『うそつきウサギ』(1970・大日本図書) ▽内田莉莎子訳『こどもの世界文学24ソビエト編2 うぬぼれうさぎほか』(1972・講談社) ▽「ソ連の児童文学と児童教育」(『季刊ソヴェート文学』1974年春季号所収・東宣出版) ▽田辺佐保子訳、かみやしん絵『わんぱくたちの三日天下』(1985・旺文社) ▽岡上理穂訳、ボラティンスキー絵『やぎさんなかないで』(1986・福武書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミハルコフの関連キーワードロシア人ロシア帝国双頭の鷲ハカシアГомельロシアン・ブルーグルジアとロシアの対立大ロシア主義ロシア帝国法典ロシア帝国法律大全

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミハルコフの関連情報