ミハーイ バビッチ(英語表記)Babits Mihály

20世紀西洋人名事典「ミハーイ バビッチ」の解説

ミハーイ バビッチ
Babits Mihály


1883 - 1941
ハンガリー詩人,小説家。
詩人アディの死後、文芸誌「西方」を主宰しハンガリー文壇の指導的役割を果たした。政治的にも保守主義者であったが、芸術のための芸術を主張、特異な詩構成を示し、とくに哲学詩をよくした。反戦詩「復活祭以前」(1917年)、「ヨナの本」(’40年)は詩人としての鋭い厭戦感覚をとらえていて高く評価されている。他の作品に自伝的な小説「死の息子たち」(’27年)、「ヨーロッパ文学史」(’34年)をはじめダンテ、ゲーテ等の翻訳論文エッセー等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android