コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマコウゾリナ Hieracium japonicum Fr.et Sav.

2件 の用語解説(ミヤマコウゾリナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマコウゾリナ【Hieracium japonicum Fr.et Sav.】

高山帯の乾燥した草原に生えるキク科の多年草イラスト)。本州中部以北の高山および四国の剣山に分布。地下茎により栄養繁殖を行う。茎は高さ30cm内外。へら形の根出葉がよく発達し,花時にも宿存する。茎葉は小型で少なく,基部はやや茎を抱く。茎や葉には長く開出する汚褐色の粗毛と短い腺毛があり,コウゾリナに似るが,別属である。切ると白色の乳液が出る。7~8月ころ,茎の先に黄色の頭花を数個つける。頭花は舌状の両性花のみからなり,径1.5~2cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマコウゾリナ
みやまこうぞりな
[学]Hieracium japonicum Fr. et Sav.

キク科の多年草。全体に汚褐色の軟毛があり、コウゾリナに似るが、別属である。茎は高さ約30センチメートル。根出葉は花期にもあり、へら形で長さ約10センチメートル。切ると乳液が出る。7~8月、茎の先に黄色の頭花を数個つける。頭花は径1.5~2センチメートルで舌状花のみからなり、総包は黒色を帯びる。果実は、冠毛は剛毛状で淡褐色。高山の乾いた草地に生え、中部地方以北の本州に分布する。名は、深山に生えるコウゾリナの意味。ミヤマコウゾリナ属ヨーロッパを中心に約800種あり、日本にはほかにヤナギタンポポが分布する。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone