コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマコウゾリナ Hieracium japonicum Fr.et Sav.

2件 の用語解説(ミヤマコウゾリナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマコウゾリナ【Hieracium japonicum Fr.et Sav.】

高山帯の乾燥した草原に生えるキク科の多年草イラスト)。本州中部以北の高山および四国の剣山に分布。地下茎により栄養繁殖を行う。茎は高さ30cm内外。へら形の根出葉がよく発達し,花時にも宿存する。茎葉は小型で少なく,基部はやや茎を抱く。茎や葉には長く開出する汚褐色の粗毛と短い腺毛があり,コウゾリナに似るが,別属である。切ると白色の乳液が出る。7~8月ころ,茎の先に黄色の頭花を数個つける。頭花は舌状の両性花のみからなり,径1.5~2cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマコウゾリナ
みやまこうぞりな
[学]Hieracium japonicum Fr. et Sav.

キク科の多年草。全体に汚褐色の軟毛があり、コウゾリナに似るが、別属である。茎は高さ約30センチメートル。根出葉は花期にもあり、へら形で長さ約10センチメートル。切ると乳液が出る。7~8月、茎の先に黄色の頭花を数個つける。頭花は径1.5~2センチメートルで舌状花のみからなり、総包は黒色を帯びる。果実は、冠毛は剛毛状で淡褐色。高山の乾いた草地に生え、中部地方以北の本州に分布する。名は、深山に生えるコウゾリナの意味。ミヤマコウゾリナ属ヨーロッパを中心に約800種あり、日本にはほかにヤナギタンポポが分布する。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤマコウゾリナの関連キーワードアルニカ千本槍高砂草田村草唐飛廉紅葉唐松東菊菊薊塩竈菊水菊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone