コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマセンキュウ Conioselinum filicinum (Wolff) Hara

2件 の用語解説(ミヤマセンキュウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマセンキュウ【Conioselinum filicinum (Wolff) Hara】

亜高山帯の草地に生えるセリ科の多年草。和名は深山川芎の意で,深山に生えるところからついた。茎は高さ40~80cm,直立して上部で分枝し,中は中空である。根出葉は長い葉柄があり,3回3出羽状に分裂し,全体やや三角形で,裂片の先はとがる。茎につく葉は短い葉柄が鞘状になって茎を抱く。花は8~9月に開き,白色で小さく,枝先に複散形花序を作る。花弁は5枚で先は内に巻く。花序は径6~10cm,枝は15~25本位あって,乳頭状の短毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマセンキュウ
みやませんきゅう / 深山川
[学]Conioselinum filicinum (Wolff) Hara

セリ科の多年草。太い根があり、茎は高さ40~80センチメートル。葉は3回3出の羽状複葉で、質は薄い。8~9月、径10センチメートルに満たない小形の散形花序をつくり、白色花を開く。深山の林縁や草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、南千島に分布する。名は、深山に生えるセンキュウの意味であるが、センキュウ属Cnidiumではない。
 ミヤマセンキュウ属はシシウド属Angelicaに似るが、果実は、背面の稜(りょう)が翼状になる。日本に2種分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤマセンキュウの関連キーワード亜高山帯嵐草小梅蕙草喘息薬種小一葉蘭香茅沢芹白根人参狸蘭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone