コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミョウバン石(明礬石) みょうばんせき alunite

翻訳|alunite

1件 の用語解説(ミョウバン石(明礬石)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みょうばんせき【ミョウバン石(明礬石) alunite】

化学組成KAl3(SO4)2(OH)6であらわされる鉱物。六方晶系。底面(0001)に良好なへき開がある。菱面体の結晶または板状,鱗片状,塊状。モース硬度3.5~4,もろい。比重2.6~2.9。ガラス光沢。白,帯灰色,帯黄色,帯赤色,帯褐色。熱すると微音を発してはねる。火山岩地帯に熱水変質作用によって生ずる。アルミニウム焼きミョウバンカリ肥料などの原料として用いられた。日本では兵庫県栃原蠟石鉱床から産出するが,用途がなく廃棄されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のミョウバン石(明礬石)の言及

【ミョウバン(明礬)】より

…火山の昇華物として産することが多いが,黄鉄鉱の酸化で生じた硫酸のため,長石類が変成して生成することもある。またミョウバン石と呼ばれるものはKAl(SO4)2・2Al(OH)3のような組成の塩基性塩であって,ミョウバンではない。カリナイトやミョウバン石は硫酸酸性溶液から結晶させるとミョウバンが得られる。…

※「ミョウバン石(明礬石)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミョウバン石(明礬石)の関連キーワードクラン水マンガン鉱トルコ玉化学組成一致熔融アストラカナイト等化学系列変成岩の化学組成花崗岩質安山岩フォークト‐ラッセルの定理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone