コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラーアップ

デジタル大辞泉の解説

ミラー‐アップ

mirror lock-upから》一眼レフカメラの機能の一。ミラー反射鏡)が上がること。特に、シャッターを切る瞬間に生じる、カメラ内のミラー作動による振動を防ぐために、あらかじめミラーを上方に固定すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ミラーアップ

 一眼レフカメラでは、シャッターを切るとミラーは瞬間的に跳ね上がって、そして元の位置(45度位置)に戻るクィックリターンになっている。このとき、ミラーの動作にともなう振動がマクロ撮影などではブレとなって写真に残ってしまうことがある。これを防ぐために、ミラーをあらかじめ上方に固定しておくのがミラーアップである。  なお、もともとミラーアップは、バックフォーカスの短い広角レンズを一眼レフカメラに装着する場合、レンズ後部がミラーにぶつかってしまうのを避けるために、ミラーを上げてから装着して撮影したことがルーツとなっている(ファインダーは外付けを使用した)。広角レンズが レトロフォーカス タイプになってミラーアップは不必要になったが、ミラーブレ防止として復活したわけである。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

ミラーアップの関連キーワードミラーロックアップミラーアップ撮影ペリクルミラーライブビュー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android