コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラーアップ ミラーアップ

2件 の用語解説(ミラーアップの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミラー‐アップ

mirror lock-upから》一眼レフカメラの機能の一。ミラー反射鏡)が上がること。特に、シャッターを切る瞬間に生じる、カメラ内のミラー作動による振動を防ぐために、あらかじめミラーを上方に固定すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

ミラーアップ

 一眼レフカメラでは、シャッターを切るとミラーは瞬間的に跳ね上がって、そして元の位置(45度位置)に戻るクィックリターンになっている。このとき、ミラーの動作にともなう振動がマクロ撮影などではブレとなって写真に残ってしまうことがある。これを防ぐために、ミラーをあらかじめ上方に固定しておくのがミラーアップである。  なお、もともとミラーアップは、バックフォーカスの短い広角レンズ一眼レフカメラに装着する場合、レンズ後部がミラーにぶつかってしまうのを避けるために、ミラーを上げてから装着して撮影したことがルーツとなっている(ファインダーは外付けを使用した)。広角レンズが レトロフォーカス タイプになってミラーアップは不必要になったが、ミラーブレ防止として復活したわけである。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ミラーアップの関連キーワード電子式シャッター一眼レフカメラレフレックスカメラ自動絞りシャッターボタンデジ一デジタル一眼レフカメラ一眼レフデジタルカメラ電子シャッター35ミリ一眼レフカメラ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone