コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミン(閩)江 ミンこうMin jiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミン(閩)江
ミンこう
Min jiang

中国南東部,フーチエン(福建)省最大の川。長さ 577km。流域は 6万km2で,全省の 2分の1に及ぶ。源流は 3本あり,北源はチョーチヤン(浙江)省境のシエンシヤ(仙霞)嶺に発するチエン(建)渓で,中源のフートン(富屯)渓と南源のシャー(沙)渓はともにチヤンシー(江西)省境のウーイーシャン(武夷山)山脈に発する。フートン渓とシャー渓がナンピン(南平)市のワイヤン(外洋)で合流し,市街地に入ってチエン渓と合流して,ミン江となる。クーティエン(古田)渓と合流するシュイコウ(水口)まではチエン(剣)渓と呼ばれることもある。下流のフーチョウ(福州)市ではナンタイ(南台)島をはさんで 2流に分かれ,河口付近でも再び 2本に分流して海に入る。トンナン(東南)丘陵の北東から南西方向に並行する山列を横切って南東流するが,支流の多くは縦谷を流れるので,本流と支流が直角に合流することが多く,格子状の水系を構成している。水量は豊富で,古くから航行に利用されたが,浅瀬や岩礁が多く,危険を伴った。人民共和国成立後,岩礁を爆破するなどして航路が整備された。ナンピン市は内陸水運の中心で,下流に小汽船を通じ,上流へも小舟が航行できる。包蔵水力が豊富で,クーティエン渓などで開発が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミン(閩)江の関連キーワードタイユンシャン(戴雲山)山脈ウーイーシャン(武夷山)山脈フーチョウ(福州)特別市クーティエン(古田)ダムクーティエン(古田)県サンミン(三明)特別市ナンピン(南平)地区トンナン(東南)丘陵ナンピン(南平)市ワイヤン(外洋)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android