コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーチン ミーチン Mitin, Mark Borisovich

3件 の用語解説(ミーチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーチン
ミーチン
Mitin, Mark Borisovich

[生]1901.7.5. シトミル
[没]1987.1.
旧ソ連の哲学者。 1920年代末から 30年代初めに行われた哲学論争で A.デボーリンおよびその一派を観念論的,反マルクス主義的として批判,43年には哲学史の分野での貢献によりスターリン賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミーチン

ソ連の哲学者。デボーリン批判で名を挙げ,《マルクス主義の旗の下に》誌編集長,科学アカデミー会員などになって,スターリン時代の哲学界を牛耳った。ジダーノフの台頭で失脚したが,戦後復帰,《哲学の諸問題》誌編集長を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミーチン【Mark Borisovich Mitin】

1901‐1987
ソ連邦ロシアの哲学者。ロシア革命後の内戦時に共産党に入り,1929年に赤色教授養成学院哲学部を卒業したが,師のデボーリンを批判して,翌30年より《マルクス主義の旗の下に》誌の編集長に就任し,スターリン時代のソ連の哲学界を牛耳った。39年より科学アカデミー会員となり,マルクス=エンゲルス=レーニン=スターリン研究所所長も兼任した。しかし44年にジダーノフによって両職から解任され,第2次大戦後も閑職にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミーチンの関連キーワードFSBソビエト文学Абхазия労農ロシアトゥバユダヤ自治州ロシア連邦共産党ロシアの恋人ソビエト連邦共産党ロシア[連邦共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミーチンの関連情報