コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーラン(米蘭) ミーランMiran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーラン(米蘭)
ミーラン
Miran

中国のシンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区南東部にある都市遺跡。西域 36国の一つ。鄯善国の扞泥城(うでいじょう)の地にあたる。ロプ(羅布)砂漠南部に位置し,3世紀以前の仏寺の廃虚,8世紀頃の都城址が残る。仏寺からはガンダーラ仏カローシュティー文字を用いた文書などが発見されており,このことからヘレニズム文化の影響がこの地にまで及んだことが知られる。都城址はチベット様式のもので,チベット語や古代トルコ語による文書が発見されており,この地が 4世紀以後,一時廃虚となり,のち再びチベット人のタリム(塔里木)盆地進出の基地として再生した様子がうかがえる。当時はチベット名でノブ=チュン(小ノブ)と呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android