コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムイッズ・アッダウラ Mu‘izz al‐Dawla

1件 の用語解説(ムイッズ・アッダウラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムイッズ・アッダウラ【Mu‘izz al‐Dawla】

?‐967
ブワイフ朝イラクケルマーンを支配した最初の君主(在位,イラク945‐967,ケルマーン936‐949)。同朝を創設したダイラム人の3兄弟の末弟にあたる。本名はアフマド。ムイッズ・アッダウラとは,946年にアッバース朝カリフから授与された称号で,〈王朝の強化者〉の意。以後,彼は生涯大アミール(アミール・アルウマラー)の地位にあった。業績としては,奴隷軍の整備による支配権力の確立,軍事イクター制の施行,文人の保護による宮廷文化の発展などが挙げられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムイッズ・アッダウラの言及

【ブワイフ朝】より

ダイラム人の族長ブワイフの3人の息子は,ジヤール朝のマルダーウィージュに仕えて勢力を伸ばし,イスファハーン,ジバール,ケルマーンおよびフージスターンで独立した。946年(945年説もある),末弟アフマドはバグダードに入り,アッバース朝カリフより,アミール・アルウマラー(大アミール)に任命され,ムイッズ・アッダウラ(王朝の強化者)の称号を,また2人の兄も,それぞれカリフから称号を与えられた。ブワイフ朝はシーア派の十二イマーム派に属していたが,スンナ派のカリフを保護することによってその支配の正当化を図ったので,宗教的権威としてのアッバース朝カリフと,世俗権力としてのブワイフ朝アミールの共存する二重構造が生じた。…

※「ムイッズ・アッダウラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ムイッズ・アッダウラの関連キーワード村上天皇村上天皇村上天皇冷泉天皇摂関政治生活福祉資金貸付制度大分川ダム延喜式嘉瀬川肝属山地

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone