コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムサラ山 ムサラさんMusala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムサラ山
ムサラさん
Musala

ブルガリア西部,ソフィアの南南東約 50kmにある山。リラ山脈の東部に位置し,バルカン半島における最高峰 (2925m) 。西側はベリイスカル川の峡谷で切立っているが,南側は広い尾根が広がり,格好の牧羊地となっている。地質学的には花崗岩から成り,その間に花崗斑岩貫入大部分がアルプス植物相に属する。頂上に高山気象測候所がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムサラ山
むさらさん
Musala

ブルガリア南西部、ロドピ山脈北西のリラ・プラニナ山脈に位置する山。標高2925メートル。ブルガリアの最高峰でバルカン半島の最高峰でもある。南には最高点2915メートルのピリン・プラニナ山脈が走る。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムサラ山の関連キーワードマリツァ[川]ロドピ[山脈]マリーツァ川イスクル川マリツァ川リラ山系

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android