ムシュク(英語表記)Muschg, Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムシュク
Muschg, Adolf

[生]1934.5.13. ツォリコン
スイスの小説家。ドイツ文学とイギリス文学を学び,東京,ニューヨークでの講師生活を経て,1970年チューリヒ工科大学ドイツ文学教授となる。アイロニーに満ちた伝統的な文体で,長編,短編を書いた。日本における6人のスイス人の体験を扱った『うさぎの夏に』 Im Sommer des Hasen (1965) がデビュー作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムシュク
むしゅく
Adolf Muschg
(1934― )

スイスの作家。現代文学の理解者として高名なワルター・ムシュクの異母弟。東京の国際基督(キリスト)教大学の外国語講師として2年間日本に滞在し、その体験を踏まえて書いた長編小説『兎(うさぎ)の夏』(1965)で文壇にデビューした。ドイツのゲッティンゲン、スイスのジュネーブ、アメリカのコーネルの諸大学を経て、1970年以来チューリヒのスイス連邦工科大学のドイツ文学教授。かたわら、フリッシュとデュレンマットに次ぐ第二次世界大戦後最大のスイス人作家として活躍が目覚ましく、欧米各国に翻訳された作品も多い。きわめて繊細な感受性と、巧みな言語表現によって、人間の心理の機微をうがつ。短編集『恋物語』(1972)、評伝『ゴットフリート・ケラー』(1977)、長編小説『バイユーン』(1980)、評論『精神治療法としての文学?』(1981)など話題作が多い。中世騎士物語中の大作『パルチバル(聖杯伝説)』に現代的な解釈をほどこした長編小説『赤騎士』(1993)によって1994年ビュヒナー賞を受賞。スイス連邦立工科大学の教授職を定年退職したあともスイス文壇の第一線で健筆をふるっている。[宮下啓三]
『宮下啓三訳『兎の夏』(1972・新潮社) ▽谷口廣治監訳『照らし出された戦後ドイツ――ゲオルグ・ビューヒナー賞記念講演集(1951―1999)』(2000・人文書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムシュクの関連情報