コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキカイメン ムラサキカイメン Halicloma permollis

2件 の用語解説(ムラサキカイメンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキカイメン
ムラサキカイメン
Halicloma permollis

海綿動物門尋常海綿綱単骨海綿目ムラサキカイメン科。樹皮状や塊状の群体をつくり,大きなものでは高さ 5cm,幅 10cmに達する。群体は軟らかく,桿状体の骨片がゆるく連絡しているのみで,表面に平行な表皮骨格はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキカイメン
むらさきかいめん / 紫海綿
[学]Haliclona permollis

海綿動物門尋常海綿綱カワナシカイメン科に属する海産動物。海岸の潮間帯の岩上に生息する海綿で美しい紫色を呈する。外形は殻層状で、ときに指状突起や煙突状突起が発達する。体表には直径2ミリ程度の流出口が開く。骨片は桿(かん)状体のみで、体内ではこの骨片が規則正しく網目状に並んでいる。一年中、海岸でみることができるが、冬には体表に汚泥などがついて目だたなくなることもある。普通、海岸に生息する紫色の海綿をすべてムラサキカイメンとよんでいるが、これには3、4種類が混同されている。詳しく調べるためには、骨片の大きさ、骨片の配列などを調べなければならない。分類がむずかしい仲間である。[星野孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラサキカイメンの関連キーワード磯海綿海綿石灰海綿淡水海綿沐浴海綿六放海綿角質海綿尋常海綿普通海綿モクヨクカイメン(沐浴海綿)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone