コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムワタリシュ Muwatallish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムワタリシュ
Muwatallish

ヒッタイト新王国時代の王 (在位前 1315頃~1282頃) 。ムルシリシュ2世の子。即位は臣下の動乱もなく平穏に行われたが,シリア支配を目指す新興エジプトがパレスチナを再征服し,ヒッタイトの国境であるオロンテス川の線にまで進出してきた。そのため前 1299年オロンテス川沿岸のカデシュで両者による大会戦が行われ,エジプトのラムセス2世は大勝利を宣言したが,勝敗は事実上決しなかった。この間,弟のハットゥシリシュは北でガシュガシュ族と戦っていたが,叛意をいだいていたらしい。ムワタリシュの死後,反乱を起し,その庶子から王位を奪った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムワタリシュの関連キーワードホムス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android