コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商船三井 しょうせんみつい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商船三井
しょうせんみつい

海運会社。 1876年三井物産の海運部門として発足,1942年三井船舶として分離設立。 43年嶋谷汽船,北海道炭礦汽船船舶部,56年大洋興業汽船を吸収。 64年「海運業の再建整備に関する臨時措置法」により大阪商船 (1884設立) と合併して社名を大阪商船三井船舶と改称。 99年4月ナビックスラインと合併し現社名となる。 30の定期航路をもち,日本郵船と並ぶ代表的なライナー (定期船) 会社。ヨーロッパ,ニューヨーク航路のコンテナ化など大規模な省力化を進め客船事業にも進出している。事業内容は,定期船 47%,不定期専用船 33%,油送船 18%,その他2%。年間営業収入 8091億 6000万円(連結),船腹量は 46隻 (448万t) ,資本金 649億 1500万円,従業員数 1386名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

商船三井

正式社名「株式会社商船三井」。英文社名「Mitsui O.S.K. Lines, Ltd.」。海運業。昭和17年(1942)「三井船舶株式会社」設立。同39年(1964)「大阪商船株式会社」と合併し「大阪商船三井船舶株式会社」に改称。平成11年(1999)「ナビックス ライン株式会社」と合併し現在の社名に変更。本社は東京都港区虎ノ門。総合物流会社。世界の主要航路で定期船を運航。コンテナ船・タンカーなど保有船数は世界屈指。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード9104。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

商船三井の関連キーワード海賊を日本の裁判で裁く経緯アブドラ・アッザム旅団苫小牧沖のフェリー火災大阪商船三井船舶[株]ジャパンライン[株]ヨーロッパ航路同盟おーすとらりあ丸三井物産[株]商船三井[株]あるぜんちな丸商船三井(株)さんふらわあ高島 菊次郎三井グループ第一中央汽船北極海航路クルーズ船船舶自動化市況関連株高島菊次郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商船三井の関連情報