コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガラヤ[州] Meghalaya

世界大百科事典 第2版の解説

メガラヤ[州]【Meghalaya】

インド北東部の州。面積2万2400km2,人口177万(1991)。州都はシロン。標高1300~1800mのシロン高原と総称されるガーロ,カーシ,ジャインティアの3丘陵が西から東に並び,ほぼ全域が森林に覆われた山地帯からなる。シロン高原はデカン高原から分離,孤立したもので,同高原と同じ先カンブリア時代のケイ岩,ケツ岩などを基盤としている。南のベンガル平原に向けて急崖をなすため,そこに夏の南西モンスーンが吹きつけ多量の雨をもたらす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

メガラヤ[州]の関連キーワードエチオピア(国)ボー日本のおもな学会・協会日米の北朝鮮人権法戦略攻撃戦力削減条約モスクワ条約政府開発援助ODA米海兵隊家電リサイクル法

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android